オンプレミス型の人材管理システムのメリットについて

人事情報が社外に漏れずらい

クラウド型の人材管理システムは導入が容易なことから人気が高いですが、人事情報は個人情報でもあるため取り扱いには細心の注意を払う必要があります。クラウド型の人材管理システムはその特性上Web上を介して処理が実施されることがありますし、サービス提供会社からの情報漏洩の可能性も0とは言い切れません。 オンプレミス型人材管理システムであれば、データの所在は社内になりシステムも社内で動作するため情報漏洩のリスクが低くなります。人事情報は給与情報や人事評価などを含む企業に属する人たちの情報が集結したトップシークレットです。企業の性質上、人事情報の漏洩が許されない場合は、オンプレミス型の人材管理システムを選ぶほうがよいでしょう。

社内システムとの連携が可能

人材管理システムを給与システムなどの他の社内システムと連携させたい場合も、オンプレミス型のほうが自由度が高くなります。クラウド型の人材管理システムはシステムが提供する機能をそのまま利用することが前提ですので、導入する企業によっては期待する効果が得られず、社内システムとの機能のアンマッチを起こす可能性があります。 オンプレミス型の人材管理システムであれば、他の社内システムとのインターフェースを利用することで連携が可能になり、その企業にあった人材管理システムを構築することができます。社内システムが充実していて新規に人材管理システムのみを変更する場合は、オンプレミス型を選択することで既存システムも活かしながらより効果的に構築できます。