クラウド型の人材管理システムの選び方ガイド

従業員の規模で選ぼう!

クラウド型の人材管理システムの選び方のポイントとしては、まず対象にしている従業員の規模をチェックします。対象としている従業員の数によって、大規模向け・中規模向け・小規模向けの3つに区分されています。大規模向けの場合には、様々な機能が搭載され高性能であることが多く、料金もやや高めであることが特徴です。小規模向けの場合には料金が低く設定されているのでコスト的に利用しやすいのですが、機能はシンプルで最小限であることが多いです。 クラウド型の人材管理システムには対応できる従業員の規模が提示されているので確認しましょう。クラウド型の人材管理システムの中にはすべての規模に対応しているものや、50人~5,000人というケースなど様々です。

料金プランで選ぼう!

クラウド型の人材管理システムを選ぶ際には、かかる費用についても検討することが重要です。クラウド型の料金は初期費用が安いというメリットがあります。初期費用の他には月額費用としてランニングコストが別途必要になりますので、その分の費用も比較した上で選ぶようにしましょう。クラウド型の人材管理システムの初期費用の相場は無料~50万円程度になります。初期費用が無料の場合には導入コストの負担が軽くなりますが、機能が十分であるかという点に注意しましょう。ランニングコストは基本使用やデータ利用費用が毎月かかりますが、おおよその相場としてはユーザー一人あたり100円~500円です。利用するユーザー数が多ければ、それだけ月々の支払額が大きくなります。